(C)Two-way/小学校//道徳/6学年/稲尾選手から学ぶ



稲尾選手から学ぶ


TOSS大和/福原正教


不世出の投手、稲尾選手から努力の大切さを学びます。



 

発問  プロ野球選手です。かつて「神様」と称された人です。誰でしょう。ここから読んでみましょう。

  ・神様 仏様 稲尾様

 

発問  稲尾選手はピッチャーです。ピッチャーとは、ボールを投げてバッターをおさえる人です。今のプロ野球、もしくは大リーグでどんなピッチャーがいますか。

  ・松坂 上原 等々

 

説明  ある年の稲尾選手の成績です。42勝14敗、防御率1.06。ものすごい数字なのですが、すごさが伝わりませんね。比べてみましょう。

    昨年、プロ野球でもっとも多く勝ったのは西武ライオンズの涌井選手です。17勝8敗、防御率2.35。

    もうひとつ、比べてみましょう。楽天ゴールデンイーグルス、初年度の成績です。38勝97敗。

 

発問  これを見てどう思いますか。

 

発問  稲尾選手はこの年だけすごかったのでしょうか。

 

説明  前後の成績を見てみましょう。

 

発問  稲尾選手はすごい選手ですか。

プロ野球の世界だけではないですが、すぐに活躍が期待される選手を即戦力と言います。稲尾選手は即戦力として入ったのでしょうか。

 

説明  契約金50万円、月給3万5000円。高卒初任給が6000円の時代です。

 

発問  稲尾選手は即戦力として入ったのでしょうか。

 

説明  稲尾選手と同じ年に入った選手の契約金です。

    畑選手800万円。田辺選手500万円。

    稲尾選手はこう言っています。「球のきれもスピードも畑とはまったく違う。おれはこの程度のピッチャーだったのか」

 

説明  春のキャンプで、稲尾選手は来る日も来る日もバッティングピッチャーをつとめました。稲尾選手がいたチームは西鉄ライオンズといいます。西鉄の三原脩監督はコーチにこう言っています。「バッティングピッチャーはできるんだから、当分、ピッチャーをやらせておこう」

    稲尾選手は何球投げても弱音をはかない「バッティングピッチャー」として価値をみいだされていたのです。

 

発問  稲尾選手はバッティングピッチャーとして常に意識していたことがあります。何でしょうか。

 

説明  強烈な打球から身を守ることです。西鉄打線は当時球界一の破壊力を誇っていました。バッターがバットをふる。ほおに風圧を受ける。「あっ、今打球が通ったんだ」という感じです。肉眼ではとらえられません。

 

発問  加えて、稲尾選手の現役時にはあるものがありませんでした。何でしょう。

   ・バッティングゲージ

 

説明  稲尾選手は命がけでバッティングピッチャーをつとめるうちにあることに気づきます。打球の方向に法則があることです。球のきれ、スピードがなかった当時の稲尾選手は必死になってコントロールをみがきます。それが監督の目にとまり、1年目から1軍に帯同することになったのです。その後の活躍は以下のとおりです。

 

説明  あれだけすごい成績を残した選手であっても最初からすごかったわけではありません。そのかげには地道な努力、挫折を味わってきているのです。

 

 

参考文献 「私の履歴書−プロ野球伝説の名将」(稲尾和久他著)日経ビジネス人文庫

     「鉄腕一代 超人投手の豪快野球人生」(稲尾和久著)ベースボールマガジン社

     「エースの品格 一流と二流の違いとは」(野村克也著)小学館

     「野村の眼 弱者の戦略」(野村克也著)ベストセラーズ

     「稲尾和久公式サイト」


前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません

ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp